体臭の原因から対策し体臭を消す

世界10カ国製法特許取得 身体の中から臭いスッキリ!

わきが専用ジェルのLapomine(ラポマイン)

名医が教えてくれた”わきが”改善法!

日本人と体臭

日本人は体質的にあまり体臭がしないと考えられていましたが、昨今においてはそうとは言えないようなのです。主食を魚や野菜から、欧米の食文化を取り入れるようになったことが日本人の体臭をすっかり変えさせた原因であるようです。

 

人でいっぱいの電車などに乗っているときに、そばにいる人の体臭に不快感を感じたことに端を発して、自分は臭くないかと心配になった人もいます。

 

ドラックストアは、消臭関連のアイテムが多く販売されており、たくさんの人がニオイに対してデリケートになっていると考えられます。

 

それなら、自分自身の体からニオイを放ってしまう要因には、どんなものが挙げられるのでしょうか?体臭と耳にすると、加齢臭が頭に浮かぶ人が数多くいるかもしれませんが、男性同様女性の加齢臭もあることを知っていますか?

 

あとは、ワキガも体臭と言えますし、足や口のニオイもまた体臭に数えられます。その他、身体のニオイを変えてしまう原因はたくさんあり、体調を崩していたり便秘をしているとき、飲酒や喫煙、また食生活などが代表的です。

 

世間一般がニオイに対する意識が強くなったことにより、自分自身のニオイが心配になり誰とも会いたくないと考えてしまう人もいます。

 

体臭を過度に意識しなくても良いのですが、他の人に不快感を与えないためのケアを行うと、自信を持って人に会えるようになるかもしれません。

 

自分自身の体臭は何によるものなのかをはっきりとさせ、最適なケアを施すことにより体臭に対する問題をなくすことが可能になります。体臭への心配事をなくすことにより、心身ともに健やか状態になることが達成できます。

 

 

原因は汗?

自分自身の体臭を把握している人は少数で、大多数の人が他者の指摘を受けてから自分からニオイが出ていることを意識し始めるのです。汗というものは、人間に備わっている体温を調節するためのもので、アポクリン及びエクリンの両汗腺から発せられています。

 

二つの汗腺のうち、エクリン汗腺が分泌する汗というのは99%が水分で無臭のものです。ニオイを持つ汗が出されるのはアポクリン汗腺から排出される汗のほうで、主に足や脇などの場所に密集しています。

 

特に脇の下にはアポクリン汗腺が多いことと、温度が一定に保たれている環境が細菌が繁殖してしまうことが、ニオイを発生させる原因となっています。足という部位は、脇の下よりはアポクリン汗腺が密集していることはありませんが、蒸れることで細菌が繁殖しやすくなり、ニオイが生じるようになります。

 

体臭の悩みを意識している人の中には、汗が出るのを阻止することにより臭くなるのを防止しようとする人もいるのですが、この方法は違っています。汗が出るのを阻止すること以上に、好ましい汗を出していく訓練が要ります。

 

清潔な汗というのは、細菌が増えにくい汗で、酸性です。体をあまり動かさない人は、ちょっと体を動かしても汗をかきやすいのですが、これについてはアルカリ性寄りの細菌が増えやすい汗であるとされています。

 

汗腺の状態を良くすることにより、サラサラの汗をかくことができるようになるので、有酸素運動を行ったりクーラーなどに依存しない生活を送るのが良いでしょう。汗のベタつきを感じる場合は、体臭の要因である良くない汗を出していると理解し、良質な汗をかけるようになる努力が必要です。

 

 

たばこ

たばこを吸うと、たばこの臭いがつくことが想像されますが、そのようなことに限らず体臭に強く作用することが明らかになっています。たばこを吸ってしまうと、発汗に対して多大な影響を及ぼすようで、体臭がする人のニオイを強化させてしまうことがあるのです。

 

たばこに入っているニコチンは、体のあちこちの影響しますが、ニオイに結びついている視床下部に対しても影響します。視床下部とは、体の温度をちょうど良い状態に保つための役割を担っていますが、たばこに含有されているニコチンがエクリン腺からの汗の分泌を活性化させてしまいます。

 

エクリン腺から放出される汗は、99%が水分となっているので、その汗からニオイを感じることはありません。しかし、たくさんの汗で濡れたままの状態が続くと、細菌を増やすことになり、体臭が引き起こされるのです。

 

ニオイのもととなる汗が出てくるとされる、アポクリン腺から出る汗が少なかったとしても、エクリン腺による汗が増加してしまうと、ニオイは増加するでしょう。さらにニコチンには、アポクリン腺の一部分の仕事を支配している交感神経に対しても影響を及ぼします。

 

交感神経が刺激されると、ニオイのついた汗の分泌が増加し、体臭の増加につながります。このように、たばこは汗を出す二つの汗腺に影響を与えるため、体臭を気にしているのなら、たばこを吸わないようにしてみるのも対策の一つかもしれません。

 

禁煙を始めるのは、強い決意が必要ですが、体臭が消えることを願って、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

ワキガ

においのきつい体臭の中にはワキガがありますが、正式には腋臭症と言います。腋臭症についている「腋」という漢字は脇と同じ意味ですから、名前からわかるように、脇からニオイが出る症状のことです。

 

脇の部分には、ニオイを持つ汗が出るアポクリン汗腺の数が多く、皮脂腺から出る脂と混ざるとくせのあるニオイになってしまいます。アポクリン汗腺による汗が出てくる部分が脇毛の毛穴部分にあたりますので、脇毛が大量にある人は、アポクリン汗腺の量も比例しているようです。

 

元々ニオイがあるアポクリン汗腺からの汗ですが、アポクリン汗腺が多ければ必ず体臭がきつくなるものではありません。これではない問題の影響を強く受けるため、脇毛の量が多いからといって体臭がひどくなると気に病まないでください。

 

ワキガが気になりだす年齢は、思春期からであると考えられていて、この頃からアポクリン汗腺が盛んに働き出すとされています。ワキガを強くするのは、乳製品や肉類を摂取することにあることが証明されているため、脇のニオイを意識している人は、こうした食品を食べ過ぎないようにしましょう。

 

さらにワキガは性別関係なく現れるもので、ドラッグストアに足を運んでみれば、ニオイを防ぐための商品が多くあります。昔から日本人というのは、ワキガを始めとした体臭がほとんどないと知られていましたが、ワキガを気にする日本人も増えてきました。

 

対策商品も多いのですが、自分の体臭が何に起因しているのかわかっていなければ、効果的に使えないことがありますから、間違いのない認識が要ります。

 

 

ニオイで体臭を消す?

体臭に効くと言われている商品が多数売られていますが、適切な商品を使わなければ反対にニオイがひどくなる恐れがあるため用心しましょう。体臭よりも強烈な香りを身体にまとって臭さを消そうとすることは、有効なものに思われます。

 

それなのに実際は、ニオイをニオイで隠すことはできないことで、中和できるニオイでない場合は、個々のニオイをきつくさせてしまうでしょう。香水などを使おうとすることより、薬用石けんなどで細菌を増やさないようにすることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

抗菌力や殺菌力の高い石けんで洗浄をすれば、細菌が増えることを抑制できるため、細菌が元となる体臭はあまりしなくなるでしょう。消臭できる石けんには、成分として柿渋エキスやカテキン、ミョウバンなどが使われています。

 

あとは、身体の内部から気持ちの良い香りが放出されるようにするのに有効なサプリメントを服用するという人も多数います。サプリメントを使うと、身体の内側からほんのりと気持ちの良い香りが出るように変化が見られます。

 

サプリメントが重宝する理由は、簡単に飲めることと、飲んでいることで不安感が和らぎ、ニオイについて悩みすぎることがなくなることです。ニオイのことを必要以上に心配していると、汗が多くなり、ニオイの強い体臭がするようになるといった悪循環にもなりかねません。

 

心に余裕ができることによって、汗が少なくなると、体臭を減らすことにもつながるのです。ニオイを発する場所と原因を突き止めて、清潔にして、強い香りに頼らないようにしましょう。

 

 

お酢で消す?

お酢のクエン酸というものは殺菌する能力が備わっていて、体臭対策にもなると考えられています。このところは、飲むことが可能なお酢も多数発売されていて、体内からきれいな状態にするという認識が確立されています。

 

飲むためのお酢には、ダイエットに効き目があると宣伝するものがたくさんありますが、体臭にも効果的なので、たくさん飲むといいかもしれません。お酢そのものを直接飲むのは困難で、毎日は続けられないかもしれませんので、飲み続けられるものを探していきましょう。

 

りんご酢・梅酢・黒酢といった酢は飲むためのものとして開発されていますので、飲みやすく続けやすいタイプだと言えます。お酢を飲む癖をつけて、体内の殺菌が保たれていると、体臭を防止できるでしょう。

 

クエン酸が腸に辿り着き、ニオイを引き起こす細菌を減らす環境を作ります。それと共に、お風呂で浴槽のお湯にお酢を少し入れると、外部からもお酢の殺菌効果を得ることが可能です。

 

入浴中は毛穴が開いているので、お酢に入っているクエン酸がその穴から入っていき、汗のニオイを生じさせる細菌を撃退してくれます。体臭を防ぐ策として、わりあい難しくなくコストもかけずに、毎日取り組めるものですので、一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

お酢の働きとしてニオイ消しや痩せる手助けをしてくれることが挙げられますが、その他にも、冷え性や肩こりを和らげる効果もあるとされています。欠かさずにお酢を用いていくことにより、体の中と外の両面からお酢の恩恵を受け、体調を整えてくれるでしょう。

 

 

サプリメントで消す?

体臭対策にお酢が効くことは有名ですが、体内からのニオイが変わっていくというサプリメントも大勢の人が活用しています。テレビコマーシャルでもよく見かけますが、利用者が増えているのは体臭が改善されると認識されたからでしょう。

 

一般的なアイテムでは、ローズオイル・クロロフィル・シャンピニオンエキス・ピネンアピオールが使われているサプリメントが存在します。中でもローズオイルを使用している人は数多く、体臭がバラの香りに変化すると評判になっています。

 

クロロフィルというのは、ニオイを発生させる細菌の繁殖を防ぐ作用があり、パセリの中にある成分です。ピネンアピオールもまた、クロロフィルと同等の効能を持ち、パセリの香り成分となります。

 

シャンピニオンエキスというものは、消臭と防臭の効果を持つもので、このエキスの元はマッシュルームです。最近の新しいアイテムとして、キャラメルの香りやローズの香りが生じるというサプリメントが高い支持を得ています。

 

以上のようなサプリメントは、体臭に悩んでいる人の味方になってくれますが、そういったものだけを当てにしていては希望通りの結果は出ないでしょう。体臭というものは、生き生きと日々を過ごすことにより、体調が整って良質の汗をかくことができるようになれば、減っていくでしょう。

 

そうしたことから、サプリメントを利用しながら、毎日の生活や体質を改めるようにし、体の内側から健康的になるように気を配りましょう。体質を変えることや生活を整えることは、短期間で成果があがるものではないため、じっくりと取り組むようにしましょう。

 

 

食生活で体臭対策をする?

体臭というのは口にする食品が多大な影響をもたらすことが判明していて、日本人の体臭に変化が現れた理由は食生活の欧米化のせいだとも言われます。体臭を抑えたいなら、バランスの取れた食事をするようにして、主として野菜を取り入れた食事にすることです。

 

抗酸化力の強い成分を持つ食材を選ぶことが大切で、ビタミンC・ビタミンE・ベータカロチンが多い食べ物が良いようです。ビタミンCは、ジャガイモや、ブロッコリー・赤キャベツ・さやえんどうなどの緑黄色野菜、果物ならイチゴや柿、キウイ、ネーブルなどに多量に含有されています。

 

ビタミンEの成分が豊富な食材の代表的なものとして、アーモンドやクルミ、またピスタチオやゴマといったものが当てはまります。ベータカロチンを多く含む食材としては、にら、人参、ほうれん草、えだまめ、インゲン、春菊、小松菜、せりなど各種の野菜があります。

 

こうした食べ物を使って食事を準備すれば、体質改善と共に体臭問題も徐々に改善できるでしょう。このような食材の吸収率を高めるには、ゴマとオリーブオイルなどを活用してみましょう。

 

オリーブオイルは、ビタミンEとベータカロチンの吸収を良くし、ゴマはというとビタミンEをうまく摂り入れるようにしてくれる働きをしてくれます。このような特徴を上手に使って、体臭を解消する働きのある食事を考えましょう。

 

それと共に、体臭を強烈なものにする食品を取り入れないようにすることで、より一層有効なものとなるでしょう。乳製品のチーズやバターや肉の量を調節し、食物繊維の多いものを多く摂り入れることで、腸の状態を良くするように心がけましょう。

 

 

体臭はダイエットが原因?

無謀なダイエットをした場合、体臭が増えてしまうことを聞いたことはありませんか?ダイエット臭という言葉があるとおり、誤ったダイエットに取り組んでいるときに現れる症状の一つです。

 

ダイエット経験者なら分かっているかもしれませんが、食べ物を口にしないダイエットは一瞬だけなら体重が減りますが、あまり正しい手段とは言えません。無論一日に必要とされているカロリーを超えないように抑えることは欠かせませんので、過剰に食べないように気をつけるべきです。

 

しかしながら、必要とされている栄養も削ってダイエットをすると、体の調子が狂う場合がありますし、体臭をきつくさせる原因にもなります。そういう理由により、食事の調整と運動を取り入れて代謝を上げる工夫をするということが必要です。

 

ダイエットで体臭に異変が出たときには、体の中でどういった変化が見られるのでしょうか?ダイエットによる炭水化物やたんぱく質の急激な減少が、中性脂肪を分解しニオイの原因となる脂肪酸を生成してしまいます。

 

体臭としてはひどくないですが、口臭を感じるケースがあります。引き続きダイエットをしていくと、ますます症状が深刻化しアンモニアのような臭いがするようになります。

 

体内でエネルギーを完全に燃やすことができなくなっているためで、アンモニア臭は燃焼が不十分な物質の残骸が排出されている証拠です。症状が一段と深刻化すると、周囲の人たちが気になるほどのきつい体臭となり、ダイエットを続けるのは困難になってきます。

 

体臭が出ないようにするには、健康に配慮したダイエットを行うことが重要です。

 

 

体臭対策について

体臭というのは色々な原因があるのですが、どこに元があるのかを把握していれば対策も容易です。健全な体を作ることができれば、解消できるものも複数ありますので、体臭対策というよりは健康的な身体を作るような生活をすることが良いでしょう。

 

最初の段階では、日常生活を振り返って、体臭に悪影響を与えることがないか考えましょう。適切な睡眠時間を維持しているか・ストレス解消をできているか・運動は足りているか・偏食をしていないか・お通じはきちんとあるかなどがあります。

 

睡眠は体臭と密接に関係しており、十分な睡眠が取れていなければ基礎代謝が下がり、それが原因で体に備わっているいくつもの能力が下がってしまいます。体臭に関係しているのは胃腸で、基礎代謝がダウンすると胃腸の力も衰え、ニオイを発生させるようになります。

 

ストレスも体臭に大変な影響力を持ち、ストレスを感じると体内では脂肪酸が生まれ、それがニオイを発します。その他、新陳代謝量を急に向上させてしまい、皮脂の分泌が増えることになり、そうしたこともまた体臭を強めることに繋がります。

 

適切な運動というのは代謝を上げ、血の巡りも良くするため、質の高い汗を分泌させるのに大事なことになります。食生活は体臭とはとても深い関わりがあるので、体臭が発生しない食品を摂取することが重要です。

 

あと一番は、衛生的な生活を過ごすことが重要であり、お風呂は欠かさず入り、一日分の汗と皮脂を洗い流す習慣を付けましょう。特別なことをしなくても、健康に過ごすようにするだけで和らげることの可能な体臭もあるのです。